【札幌での一人暮らし】夢だったペット可賃貸に引越しました。について

札幌でのペット可賃貸の部屋探しから引っ越しまでの体験記。実際に行った引越しの際に必要な各種手続きや知っておけばよかった引越しを安くすませる方法、部屋探しの注意点など。

引越し後、念願の猫との生活

引越したのが2009年3月27日、その1週間後には里親募集で見つけた猫を見に行き、4月12日に1匹目のオス猫、9月20日に2匹目のメス猫を迎えました。

子供のころ、実家で猫を飼っていましたが、その時とはまるっきり勝手が違う。

完全室内飼いで、猫を病院に連れていくなど、想像もしなかったことがたくさんありますが、楽しい毎日を送りながら現在にいたります。

現在の部屋は猫2匹までと決まっているので、これ以上増えることはないと思いますが、仲良く暮らしていきたいと思います。

不用品の処分

引越しの時にやらなきゃいけない不用品の処分。荷物を新居にぜーんぶ持っていく手もありますが、引越しを機にいらないものはどんどん処分したいですよね。

そんなんで私も重い腰をあげて、不用品の処分にとりかかったわけですが、エレベーターなしの2階に住んでいたので降ろせるものは札幌市の大型ごみ収集で処分し、その他の不用品や大型ごみはアート引越センターさんに格安で処分してもらいました。

そして、知っておけばよかったと思ったのが、本の処分。これでも本を読むのが大好きで、まんが本だけでなく文庫本がかなりたまっていたのですが、新居は収納スペースが狭い。すごい量の本をBook OFFに持ち込んで処分したのですが・・・。

予算内で部屋を決めるには

部屋を探すときに、どうしても予算より高めの部屋を決めてしまう人も多いのではないでしょうか?それもそのはずです。仲介業者に部屋を見せてもらう際に、家賃の上限を聞かれるケースが多いかと思うんですが、仲介業者ではこの金額ぎりぎり、もしくは多少オーバーしている物件を紹介してきます。

自分の考えていた予算より、ちょっと予算を上積みするだけでもっといい部屋に住めると思うと、予算よりオーバーしていてもそこに決めてしまう人も多いのですよね。しかし、ちょっと待ってください。家賃は1か月で終わるものではなく、賃貸の場合、払い続けなければなりません。

予算内で部屋を決めるポイントとしては・・・

最寄駅

引越しをする際の最寄り駅は部屋選びのポイントのひとつですよね。朝はなるべく、ゆっくり寝ていたいものです。

私は現在、自宅で仕事をしているので、通勤に縁がありません。なので、別に近くに公共交通機関の駅がなくてもいいやと思って部屋を探しました。

その方が当然、エキチカ物件より部屋も安いわけです。また再びお勤めをすることになれば、引越しをするか、もしくは車で通勤できるお勤め先を探すことになると思います。

引越し業者の料金交渉

引越しを安く済ませるためにはやはり引越し業者にお願いする料金が大きくものをいいます。そこで引越し業者の料金を安く済ませるには?

・引越し日を選ぶ

引越し日をずらせるなら、引越し繁忙期をなるべく避けたいものです。私はお目にかかったことはないんですが、大安は引越し料金を高く設定している業者もあるとか。引越し業者の予約は1か月くらい前から予約できるようですが、早めに予約すると料金も融通がきき、逆に近くなってから予約すると引越し料金の融通がきかないケースが多いようです。

・相見積もり

引越しの見積もりを1社だけにお願いするのではなく、数社から見積もりをとること。A社ではいくらと言われましたというと、競合している業者ならそれより安くしてくれる場合も。新居を決めた仲介業者のツテで引越し業者をお願いすると、割り引いてくれるところも多いです。だいたいの相場をしるためにも相見積もりはしておきたいところですね。

・フリー便でお願いする

引越しの時間帯が午前の場合は午前便、午後の場合が午後便、引越し業者におまかせの場合がフリー便となりますが、フリー便は午前便に比べるとかなり安くなります。ただし、好きな時間帯が選べないので、自分が予定している時間に引越しが終わらない可能性もあります。

【札幌での一人暮らし】夢だったペット可賃貸に引越しました。カテゴリー項目一覧

部屋探し

引越し

引越し各種手続き

引越しを安くすませるには

後悔先に立たず

プロフィール他